群馬の方言について

やあ (´・ω・`) ようこそ、スバル期間工 第2ホームページへ。 このお茶はサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

このページは「釣り」では無いんだ。済まない。 このページもあのページも本物だ、謝って許してもらおうとも思っていない。 採用ページ全体はコチラだ。

でも、このページを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。 殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい そう思って、このページを作ったんだ。

群馬弁

普段から使っている言葉・単語が他県出身の方に通じないことってありますよね。
群馬県にも「群馬弁」と呼ばれる方言があります。
かつて群馬県は「上州」と言われていた事もあり「上州弁」と呼ばれることもあります。

そこで少し変わった、興味深い方言をご紹介します。
聞きなれない言葉を聞いたら、それは群馬県特有の方言かもしれません。

語尾に「さ」

群馬弁でよく使われる特徴的な語尾には「~さ」と付く事が多いようです。

・言ったんさ(言ったんだ)
・見たんさ(見たんだ)
・やったんさ(やったんだ)
・行ってきたんさ(行ってきたんだ)

語尾に「さ」が付くと、柔らかい雰囲気に聞こえますよね。
仲のいい方同士でのフランクな会話でよく耳にします。

・言いました
・見ました
・やりました
・行ってきました

よりも、日常会話で使われやすい響きになります。
仲のいい方同士でのフランクな会話でよく耳にします。

他県では違う意味

「なげる」という言葉。
この言葉を聞いて「投げる」を思い浮かべる方が大半かと思います。
しかし、群馬弁では違う意味を持って使われています。

なげる…
意味:捨てる
例:「それはもう要らないから、なげちゃって」

実は北海道でも使われている方言だそうです。
言われた側は「要らないものを投げる?どこに?なんで?」と、困惑することがあります。

意味が分かればスムーズな会話ですが、他県では違う意味を持つ言葉は
解釈が変わり少し会話にタイムラグが起きてしまいます。

あーね

ネットスラング語のようなものだと思われがちな「あーね」
今では若い方のSNSでよく、素っ気ない返答などとして見かける気もしますが、
実はこれは群馬県の方言なんです。

あーね…
意味:「あぁ、そうですね」「あぁ、なるほどね」

年代や、地域エリアでは違和感なく会話の中で使われている事が多々あります。
他県の方には少し「イラッ」とくる言葉と耳にしたりしますが、
決して嫌みや対応の悪さなどではない事を知っておいていただきたいと思います。

全国共通じゃない?

少し話は変わりますが、生粋の群馬人には当たり前だった、
学校の朝礼などで聞かれる「起立!注目!礼!」

一般的・全国的には起立と礼だけ。
「注目!」の一言で生徒さんの私語が収まるそうです。
他県からの転校生などはこの号令に驚くみたいですね。

おわりに

人間同士のやりとりの中で中心となる「会話」
何気ない会話の中にも、育ってきた環境・地域・年代の出る「方言」って面白いですよね。
SUBARU工場内にも各都道府県出身の方々が多数在籍しておりますので、
コミュニケーションに生かせる1つのツールになるかもしれません。

現在SUBARUでは、全国的に期間従業員の募集を行っており、
群馬県内だけでなく全国各地からさまざまな方にご入職いただいております。
社員同士の交流もあり、福利厚生・職場環境について満足している。などのお声もいただきます。
そういった職場環境整備もSUBARUを選んでいただけるポイントの一つと考えています。
今後も社員のみなさんが気持ちよくご勤務いただける環境づくりに尽力したいと思います。

最後は少し話題がずれてしまいましたが、
もしSUBARU期間工をご検討ただいている方がいらっしゃいましたら
ぜひお気軽にご応募いただければと思います。

現在スバルでは共に働く仲間を募集中です!
スバルのクルマが大好きだ!
一部上場の有名メーカーで正社員になりたい!
夢のために一定期間でしっかりお金を稼ぎたい!‥など
熱いココロを持ったあなたからのご応募をお待ちしております!

スバル期間工のここがすごい!

★日給9,770円スタートで半年ごとに昇給あり
☆原則土日休みの週休2日制
★無料で入れる社員寮あり(家賃・水道・光熱費が無料)
☆正社員登用に積極的(2019年度には223名が登用)

↓↓詳しい情報やスバル期間工へのご応募は下記をクリック↓↓

読み物の最新記事8件