住民票の異動手続き方法

やあ (´・ω・`) ようこそ、スバル期間工 第2ホームページへ。 このお茶はサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

このページは「釣り」では無いんだ。済まない。 このページもあのページも本物だ、謝って許してもらおうとも思っていない。 採用ページ全体はコチラだ。

でも、このページを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。 殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい そう思って、このページを作ったんだ。

忘れてはいけない転入手続き

スバルの期間工として働き始めるときには色々な手続きが必要です。
特に忘れてはいけないのが給与の振込口座ですが、
これを忘れる方は多分いないでしょう。
着替えとかを忘れる人も多分いないでしょう。
そんななかで忘れそうなのが今回の引っ越し手続き。

そんなの必要になるの?って思う人もいるでしょう
なぜ必要なのか、これからお話していきます。

そもそも義務です

住民票の異動はそもそもの話、義務だったりします。
ただし例外もあって

・生活の拠点が移動しない
・新しい住所に住むのが1年未満

これらに該当するときは異動申請しなくても良いことになっています。

具体的にいえば、学生が進学中は下宿しているが卒業時に実家に帰ってくるや、
数カ月間だけ新規拠点にヘルプで入るサラリーマンなどがこれに該当してきます。

スバルは期間工の方には満期まで働いていただきたいですし、正社員登用制度を使って正社員になってほしいので住民票の異動はしてほしいです。

転入届はすぐには出せない!?

異動したら転居届を出すのは必要ですが、期間工ではすぐには出せません。
(これもスバルだけではなく、他の企業様もです)
なぜかというと、住所が分からないと転居届が出せないのです。

一般的な引っ越しでは自分で住むところを不動産屋で見つけて契約するので
住所が分かっているのですぐに出せるのですが、
期間工では入社前にどこに住むのか決まっていません。

なので転居届を出せるようになるのは入社手続きをして、入寮後になります。
転居手続きは引っ越し後、14日ぐらいを目途に出すので業務の合間に
手続きすることになります。

太田市に転入届を出してみよう

さて、ここからは本工場に勤務することになって太田市内の寮に住むことを想定して書きます。
*大泉工場に配属になり大泉寮になった場合は申請する役所が違いますのでご注意ください。

太田市役所

太田市役所は太田駅から目と鼻の先にあります。
本工場とは逆の方向ですが太田駅周辺では一際高いビルですので間違えることはないでしょう。
ここの1階で手続きが可能です。

では手続きを行いましょう。
必要なものは以下のものです。
届出人の身分証明書(免許証、マイナンバー(個人番号)カード、写真付きの住基カード等)、ない場合は本人名義の保険証など2種類の書類
届出人の印鑑
転出証明書(転入の場合)
・マイナンバーの通知カードまたはマイナンバー(個人番号)カード

必要なものは太田市だからではなく、どこの自治体でも同じです。
ここで見慣れない書類がありますよね。

・転出証明書

今まで一度も出てこなかった名前ですが、
これは引っ越しするときに住んでいた街の役所で出して貰う書類です。
基本的に引っ越しするときに出すものですが、住所が決まっていないのでこれも入社手続き後に郵送で手続き行います。
行うこと自体は難しくありませんが、書類を作って(原本は各役所のHPからDLします)郵送して、書類が帰ってきてから太田市役所に向かいましょう。

転入手続きは役所に申請用紙がありますので記入して届け出するだけです。
役所の混み具合にも依りますが20分~30分程度で終わることが多いです。
(マイナンバーカードで届出した場合)

おわりに

つい忘れてしまう転入届。
引っ越してから気付く転出届。
どちらもよくある話ですが、今回これを読んだ人はもう大丈夫ですよね?

スバル工場勤務に応募してみる