『インプレッサ』の歴史①

やあ (´・ω・`)
ようこそ、スバル期間工 第2ホームページへ。
このお茶はサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

このページは「釣り」では無いんだ。済まない。
このページもあのページも本物だ、謝って許してもらおうとも思っていない。
採用ページ全体はコチラだ。

でも、このページを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。
殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい
そう思って、このページを作ったんだ。

スバルには魅力的な自動車がたくさんあります。
その中でも今回はスバルの代名詞でもある『インプレッサ』にスポットをあててご紹介したいと思います!
車名は、スバルの伝統をベースに若さ、軽快さ、スポーティなどのイメージをプラスした新鮮な印象(Impression)を与える車として「Impresa=紋章」から名付けられました。

歴代の『インプレッサ』

初代インプレッサ
1992年11月1日販売開始。
それまでの大衆車であったレオーネからワンランク上のレガシィへと移行していく中でレオーネのユーザーを引き継ぐ新たな大衆車が必要となりました。
そこで新世代の中間車という位置付けで、レガシィのプラットフォームをベースに開発され新上級大衆車として販売されたのが『初代インプレッサ』でした。
マイナーチェンジを繰り返すこと約8年。その度に進化を遂げ、スバルの代名詞と言えるフラッグシップモデルへと成長しました。

『初代インプレッサ』はハードトップセダンとスポーツワゴン、クーペの3種類のボディータイプが用意され、ハードトップセダンには標準モデルとは別にモータースポーツWRCへ本格参戦することを念頭に置き開発された『WRX』が設定されました。
(WRCで未知の力を発揮するモデルをイメージして『WRX』と名付けられた。)

『WRX』の開発は当初より決定していましたが、走り好き揃いの開発メンバー達が夢中にならないようにと標準モデルの開発が進むまで『WRX』の存在は伏せられていたという逸話もあります。
その後1993年には『WRX』はWRCに実際に参戦し、95年~97年にかけて3年連続優勝する偉業を成し遂げました!

『WRX』がWRCに参戦した翌年の1994年1月にはスバルのモータースポーツメーカーSTI社のコンプリートカーとして『WRX STI』が販売され人気を博しました。
その後もSTI社が手掛けた限定モデル、特別仕様モデルが続々と販売されては世間の注目を浴びています。
特に、1998年3月に販売された『22B-STI Version』は実際のWRCマシンの外観を忠実に再現しており、限定400台がわずか2日で完売するほどの人気だったそうです。
STI社のコンプリートカー以外にも、1995年1月に2ドアクーペスタイルの『リトナ』、同年10月にワゴンタイプを改良し185mmのロードクリアランスとフロントプロテクター、スペアタイヤキャリアを装備させた『グラベルエックス』が販売されるなど『初代インプレッサ』は多くのモデルが販売されました。

2代目インプレッサ
2000年8月23日販売開始。
「高密度スポーツマインドカー」をコンセプトにセダンとスポーツワゴンの2種類のモデルが販売されました。
セダンはシリーズ名を『WRX』として走りのポテンシャルをさらに高めることを追求。
その結果、全長、ホイールベースはワゴンと同じながら、全幅のみ35mmほど大きいワイドトレッドな造りとなりました。
中期以降のモデルが警察の覆面パトカーや高速隊に配備されたことも話題になりました。

一方でスポーツワゴンは走りの楽しさ、運転のしやすさ、日常的な使いやすさといった機能性を重視し、コンセプトは同じながらもセダンとスポーツワゴンで明確につくり分けがされていました。


2000年10月には『2代目インプレッサ』でもSTI社のコンプリートカーが販売されると、初代同様その後もSTI社が手掛けた限定モデル、特別仕様モデルがいくつか販売され都度人気を博しました。

おわりに

今回は初代(1992年)と2代目(2000年)の『インプレッサ』の歴史をご紹介しました。
現在のスバルを代表する車種となっている『インプレッサ』ですが、実は比較的新しい車だったんですね。
現行モデルの『インプレッサ』は本工場と矢島工場で生産されており、スバルの期間工になると製造に携われるかもしれませんよ!

現在スバルでは共に働く仲間を募集中です!
スバルのクルマが大好きだ!
一部上場の有名メーカーで正社員になりたい!
夢のために一定期間でしっかりお金を稼ぎたい!‥など
熱いココロを持ったあなたからのご応募をお待ちしております!

スバル期間工のここがすごい!

★日給9,770円スタートで半年ごとに昇給あり
☆原則土日休みの週休2日制
★無料で入れる社員寮あり(家賃・水道・光熱費が無料)
☆正社員登用に積極的(2019年度には223名が登用)

↓↓詳しい情報やスバル期間工へのご応募は下記をクリック↓↓

読み物の最新記事8件