群馬県ってどんなところ

やあ (´・ω・`) ようこそ、スバル期間工 第2ホームページへ。 このお茶はサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

このページは「釣り」では無いんだ。済まない。 このページもあのページも本物だ、謝って許してもらおうとも思っていない。 採用ページ全体はコチラだ。

でも、このページを見たとき、君は、きっと言葉では言い表せない「ときめき」みたいなものを感じてくれたと思う。 殺伐とした世の中で、そういう気持ちを忘れないで欲しい そう思って、このページを作ったんだ。

はじめに

過去に、群馬県内のお店や観光・施設など色々な事をお伝えしてまいりましたがそもそも【群馬県】ってどんな所?と思い、
生活の基本【衣食住】+αのポイントを押さえながら調べてみました。

実は繊維産業にとても長けている群馬県。

まずは何といってもパッと思いつくの富岡市にある「富岡製糸場」でしょうか。2014年に「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録されました。
富岡市は養蚕が盛んで、生糸の生産で栄えた場所といわれており、輸出を中心に日本の産業を牽引していたそう。

他にも、国の伝統工芸品にも指定されている桐生市の「桐生織」、伊勢崎市の「伊勢崎絣(かすり)」など、様々な地域で製糸・織物を生産していたそうです。

また、太田市では「ニット製品」の産地として戦後に発展しセーターやカーディガンなどの製品がさかんに製造されています。
このように「糸」は群馬県を支えた大きな産業のひとつだっだのですね。

群馬の「食」産業と言えば「こんにゃく」「小麦」「キャベツ」など。

みなさん、こんにゃく芋の生産が盛んなことはご存知の方も多いかと思います。また、小麦についてのお話は以前にもさせていただいたことがあります。

そこでみなさん「嬬恋高原キャベツ」って聞いたことありませんか?
群馬県西部に位置する嬬恋村のキャベツは群馬県内生産の約9割、全国の総出荷量の半分近くを占めている「日本一のキャベツ産地」なんです。

嬬恋高原は降水量や気温などの環境がマッチし、美味しいキャベツを育てるのにとても適した地域なのだそうです。
日本一の美味しいキャベツを、知らない間にみなさんも口にしていたことがあるかもしれません。
これは大きな群馬県の誇りでもありますね。

群馬県はとても多くの森林資源に恵まれています。

昭和36年、前橋では木工団地が造成され「高度経済成長期」に急増した家具需要の波の乗り、木工産地として急成長し飛躍的に発展したのだそうです。

豊富な資源と高い技術から、いまでも県内には伝統工芸色の強い家具の販売や、オーダーメイド家具受注が可能な店舗が多々見られます。

オーダーメイド家具と聞くと敷居が高いように思われますが、気軽に相談できるお店もあるので、 一生に一度の買い物をしてみるのもいいかもしれませんね。

伝統

「衣」や「住」でご紹介した糸や木材。
これらが深く関わる群馬の伝統工芸品が存在します。

繊維産業では「衣」でも名を挙げた「桐生織」「伊勢崎絣(かすり)」
木工芸品では「高崎だるま」や「こけし」などがあり、どちらも群馬県の大きな産業に根付いた伝統工芸品となります。

上記のような工芸品製造業に従事されている方の中でも高度な技術・技法を持つ方を「群馬県ふるさと伝統工芸士」として群馬県が認定しています。

認定を受けるにはいくつかの条件があるようですが、 この称号を与える事で次の世代への技術継承に役立てているそうです。

おわりに

いかがでしょうか。群馬県の魅力は伝わりましたでしょうか。
SUBARUには、県外出身者の社員がたくさんいらっしゃいます。
もちろん群馬県内の方も含め、改めて群馬県の良さが伝わればいいなと思います。

現在スバルでは共に働く仲間を募集中です!
スバルのクルマが大好きだ!
一部上場の有名メーカーで正社員になりたい!
夢のために一定期間でしっかり稼ぎたい!‥など
熱いココロを持ったあなたからのご応募をお待ちしております!

スバル期間工のここがすごい!

★日給9,770円スタートで半年ごとに昇給あり
☆原則土日休みの週休2日制
★無料で入れる社員寮あり(家賃・水道・光熱費が無料)
☆正社員登用に積極的(2019年度には223名が登用)

↓↓詳しい情報やスバル期間工へのご応募は下記をクリック↓↓

読み物の最新記事8件